2018年1月13日土曜日

快慶展⑤(西方寺の阿弥陀如来)

昨年の快慶展では通常非公開な仏像も多数展示され代表格は京都遣仰院の
阿弥陀如来だろう。ここで紹介する快慶三尺阿弥陀の名作西方寺の阿弥陀如来も三重新大仏寺や奈良長谷寺など快慶ゆかりの寺院に近い桜の美しい山添村の人々によって今日まで護られてきた。多摩美大の青木先生によると緊張感と穏やかさをたたえたその表情は遣仰院阿弥陀如来像とともに若き日の快慶の代表作である。快慶展で三尺阿弥陀だけの若き日から晩年の写真を並べたクリアファイルを購入したが、この西方寺のあと幾分ふくよかさがなくなっていくが金泥塗など快慶お得意の着衣表現により進化していったと思う。展覧会の最後のコーナーでこのような名仏に出会うことができ最後まで飽きさせない展示にここちよい疲れを感じて会場をあとにした。

2018年1月7日日曜日

運慶展⑧興福寺北円堂の四天王

昨年開催された「運慶展」で画期的な展示は何といっても興福寺北円堂の
無著・世親像の周りに興福寺南円堂安置の四天王像を配したところだろう。以前はこの四天王は東金堂に安置され、慶派一門の定慶作とする説があったが、金沢文庫の仏の瀬谷さんが北円堂安置説を唱えるようになり、今ではほぼ運慶指導のもと四人の息子たちが製作したことが定説化されつつある。瀬谷さん解説の芸術新潮「オールアバウト運慶」によると彼が着目したのが本来黒又は濃い青でぬられるべき多聞天の肌が白いことだった。そこで改めて着目したのが、北円堂再建に関与した解脱上人貞慶の存在。平成24年に金沢文庫で開催された解脱上人貞慶展の展示解説を仏の瀬谷さんから直接聞いたとき上人が弥勒信仰の持ち主だということを熱く語っていたが、「オールアバウト運慶」では篤い舎利信仰の持ち主で舎利の色として「白玉色」を強く意識していたことがわかったとのこと。宝塔を頭上に高々と掲げた多聞天のポーズも宝塔=舎利容器と考えれば腑に落ち、北円堂の諸像には、舎利信仰を称賛するための一貫した演出が施されているとの瀬谷さんの解説だった。確かにこの説は納得できるものであり私も彼の主張に耳を傾けざるおえないと感じた。ここに新たな運慶作の発見を感じつつ第一会場をあとにした。

2018年1月1日月曜日

金剛輪寺の大黒天

昨年の秋の京都滋賀旅行の2日目、西明寺の次に愛のりタクシーで向かった
のが金剛輪寺だ。旅行前にネットでお寺情報を調べていたところ、関西系のテレビニュースで金剛輪寺の紅葉が見頃と大黒天御開帳が取り上げられていて、実にラッキーなタイミングでの拝観となった。愛のりタクシーを降りて長い石畳が敷かれた石段を上ると、いま盛りの紅葉でいっぱいの境内に入った。特にニュースで言っていた「血染めの紅葉」は本堂横の真っ赤な楓を指すようで素晴らしかった。興奮を抑えつつ本堂にあがった。お目当ての大黒天は小さな厨子の中に祀られていた。像高74センチ余りで、平安時代の一木造りで日本最古の大黒天とのこと。鎌倉長谷寺で見る大黒天のように打出の小槌は持たず、甲冑を身に着け宝杵(ほうしょ)を持ちいかめしい表情を浮かべている。大黒天はヒンズー教のシヴァ神の化身を仏教に取り入れたものだから日本に伝わったのも当初はこのかたちだったのだろう。昼食に「僧兵うどん」を食べて金剛輪寺をあとにした。